★iphone8 9月15日16時01分予約開始

ネットで予約はこちら

ソフトバンクオンラインショップ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>iphone8/iphoneXを予約<<

iphoneはネット予約と店頭予約どっちがいいの?

 

間もなく発売となる新型アイフォンのiphone8、そしてiphoneX。ネットと店頭どちらで予約したらいいのか、迷っている方もいるでしょう。

 

ネット予約と店頭予約の主な違いは、

 

・手間や時間
・受け取りがいつになるのか
・頭金

 

この3つです。

 

ネット予約が店頭で予約するよりも、手間や時間がかからないのは、当たり前ですよね。ネットなら、その場に行かなくても、スマホやパソコンから予約ができます。しかも、iphoneの予約画面はとてもシンプルでかかる時間も1分ほどです。

 

その他、2つの違いについて紹介します。

 

ネット予約と店頭予約、どっちが早く受け取れるのか?

 

発売後、新型iphoneを早く手に入れるためには、とにかく早く「予約」を完了させることが重要です。

 

数年前から、ソフトバンクやdocomo、auなどでは、オンラインショップで予約受付を実施してます。今は、全体的に店舗で予約するより、ネットのオンラインショップで予約している人の方が多いのではないでしょうか。

 

ネットで予約しても、店頭受取もできますし、自宅受取もできます。

 

では、ネット予約するのと店頭予約、どっちが早く受け取れるんでしょうか?

 

店舗で予約したほうが、その店の入荷分を予約できて、早く手に入れられそうな気がするのですが、そうでもないんです。

 

その理由は、iphoneの予約システム

 

通常の場合、新商品は各店舗それぞれの出荷台数が予め決められており、予約は各店舗で行う、というイメージがあります。
でも、iphoneの予約に関してはそうではありません。

 

iphoneの予約は、前もって各ショップに台数を割り当てされているわけえはなく、ショップの端末で予約を受け付け、そして全店分を予約サーバーで一括管理していると思われます。そして、サーバーに登録された予約順(先着順)に初回分を各店舗へ出荷していくという仕組みになっています。

 

それとは別に、売り上げの多い店舗や家電量販店などには、割り当てられている分もあると思われます。発売日当日に、家電量販店の大型店舗で購入できることがあるのは、そういうことでしょう。ただ、これもどの店舗にどれくらいの割り当てがあるのかは知ることはとても難しいです。店員ですら、当日、来てみないとわからないという位です。

 

そんなことからすると、来店の少ない地方のショップだから、そこで予約すれば当日手に入れられるとは限りません。

 

それよりも、「少しでも早く予約する」ということが一番重要になってきます。

 

例えば、今までのiphone予約の際にはこんなこともありました。

 

ケース1
ヤマダ電機の店頭で予約をしたけど、店員さんは端末でソフトバンクオンラインショップのページを開いてそこで予約。
これだったら、わざわざ店に来なくても、自分で予約できるのでは?というコメント。

 

ケース2
インターネットだとなかなかつながらないと思って、ショップの店頭に行って予約したのに、店員さんからは「先にインターネットでその店舗を指定して予約した人がいる場合には、そちらの方が優先され先に受取になります」と言われた。

まさに、上で紹介した説明の通りですね!

 

ケース3
iphoneの予約開始1時間後に、ヤマダ電機の店頭に行ったら、すでに予約の行列はなく、16時からある程度の予約の受け付けたが、その時間ではオンラインショップで予約したほうが早く手に入れられるといわれた。

 

など、そんなことになっているようです。

 

これからすると、予約開始時間はネットも店舗も同じ時間なので、インターネットのほうが早いですよね。
インターネットも、予約開始直後はつながりにくいですが、各キャリアも大量のアクセスを想定して対策しているので、何度かトライすれば、全然つながらないってことはありません。

 

そして、ネット予約は入力項目も簡単になっているので、1分くらいで完了できます
仕事中でもちょっとトイレ行ってきます〜っていっている間にできちゃいます。

 

注意したいのは、ネット予約しても発売日当日(もしくは翌日)に、必ず、手に入るわけでないということです。

 

予約の早い人から割り当てられていき、初回入荷分が終われば、しばらく待つことになってしまいます。

 

今までの状況だと、予約開始直後に予約できたら発売日、5分〜10分くらいだと以内だったら発売から1週間くらいで受け取れたようです。

 

ただし、この受取時期はカラーや容量によって変わってきます。人気のカラー、在庫が少ない機種は手に入るまで時間がかかりました。毎回、新色は人気があり、手に入りにくい状況です。一方、シルバーやゴールドなど、前からあるカラーは予約が少々遅くても大丈夫でした。
早く手に入れることを優先するなら、手に入りやすいカラーを選ぶのもありです。

 

今回のiphones8のカラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレーの3色。どれも新色ではありません。過去の状況だとシルバーグレーが比較的早く入手できていました。

 

iphoneXはホワイトとスペースグレーの2色。事前の予想では、前回手に入りにくかったiphone7sのジェットブラックよりも在庫が少ないとの情報もあります。こちらは、特別仕様ということもあり、どの機種も早い予約が必要でしょう。

 

ただし、各カラーの初回在庫がどれだけ用意されているのかを知ることはできないので、予約が始まってみたら状況は全然違ったということもあります。

 

iphoneを予約するときに、料金プランやオプションなどを決める必要はありません。購入する機種のカラーと容量が決まっていれば、予約することができます。ネット予約なら、キャンセルも可能です。iphone8を購入しようか、、と考えていたら、まず予約しておくのがよいでしょう。

 

ネット予約なら、頭金が不要

各キャリアのショップや家電量販店で新たにスマホを契約するときに、「頭金」がかかる場合があります。

 

この頭金は、3240円または5400円といったところが多く、最近では、10000円近くになる店もあるようです。(頭金の金額や、かかるかどうかはは、同じキャリアでも各ショップによって違います)。

 

注意したいのは、この「頭金」の性質。一般的な頭金というのは、10万円の商品を購入するときに1万円の頭金を支払ったら、商品代金から1万円が差し引かれます。

 

ところが、iphoneも含めてスマホの場合、頭金を支払っていても、その金額が本体代金から差し引かれることはありません。この頭金というのは、いわば、ショップ独自の手数料みたいなものです。

 

新型iphoneの発売時は、購入するショップによって本体価格が違うことはありません。独自の割引やキャンペーンも、ほとんどない状態です。

 

そのため、ショップで頭金を支払うということは、頭金の分だけiphoneを購入するための金額が高くなるということです。

 

そして、ソフトバンク、au、ドコモとも、ネット予約(各オンラインショップで購入)する場合、頭金はかかりません。

 

実際には、頭金がかかっても、その店独自のキャンペーンや割引があってお得になるなら、そちらで購入するのもありだと思いますが、今までの状況だと新型iphoneの発売時に大きな割引はほとんどありません。それだけでなく、店舗で購入すると、不要なオプションをつけるのが条件になってたり、勧められたりというわずらわしさもあります。

 

予約が早く完了できて、手間や時間もかからない、そして、頭金が不要なネット予約が断然おすすめです。

 

頭金不要!iphone8が予約できるソフトバンク・ドコモ・auオンラインショップはこちら!

 

>>softbankオンラインショップ

 

>>au online shop

 

>>docomoオンラインショップ